本文へスキップ

このはな整体院は豊中庄内の女性専門サロンです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6398-9285

〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町2-15-5ヴィラ庄内3F

阪急宝塚線 庄内駅徒歩3分 女性専門サロンです。                     豊中市庄内西町2丁目15-5ヴィラ庄内3階  06-6398-9285

見出しHEADLINE

耳つぼダイエット

なぜ耳にあるつぼを刺激するとダイエット効果があるのでしょうか?
それは、「つぼ」を刺激することにより、食欲中枢に働きかけインシュリン分泌量を、抑えるからです。食べたいという欲求を抑えるつぼ(肺門)を刺激すると、自然に摂取カロリーが減少します。おまけに、消化機能も正常化してくれますので、消費カロリーも増えるのです。

なぜインシュリン分泌量を抑えると、ダイエットになるのでしょうか? 食事をすると血糖値は上昇します。血糖値を正常にするためにインシュリンが分泌されます。それでも血糖値が高い場合は、つまりエネルギーが余っているときは、脂肪として体内に蓄積されます。 血糖値の急上昇はインシュリンの分泌量を多くするので、血糖値が下がって今度は空腹感に襲われ、また食事をするといった悪循環になります。インシュリンの分泌量を抑える事で、この空腹感を無くしていくのです。

インシュリンには、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあります。分泌され過ぎますと肥満の原因になります。インシュリンを多く分泌させないためには、血糖値の上る速度がゆるやかな食品を摂ることがポイント!
その速度を見分ける基準となるのがGI値(グリセミック・インデックス)です。GI値60を目安にしましょう。

インシュリンには、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあります。分泌され過ぎますと肥満の原因になります。インシュリンを多く分泌させないためには、血糖値の上る速度がゆるやかな食品を摂ることがポイント!
その速度を見分ける基準となるのがGI値(グリセミック・インデックス)です。GI値60を目安にしましょう。

だからといって、GI値の低い食事ばかり摂るのは良くありません。栄養が偏ってもいけません。GI値が低いからと言って食べ過ぎるのもよくありません。バランスの良い食事を摂ることが大切です。GI値の高い食品を食べるときは、GI値を下げる効果のある食品「酢」「食物繊維」「乳製品「豆類」を合わせて摂りましょう。

糖が良くないからといって、まったく摂らないのは良くありません。脳には糖が必要ですからね!(疲れたときに甘いものが欲しくなるのは脳が求めているからなのです)
(ダイエットを始める前に、まずは生活習慣を見直してみましょう。肥満になる原因を作ってはいませんか)

どんなダイエット法をするにも、まずは正しい生活習慣を身につけることが基本です。高額のサプリメントを使う事で、それなりのダイエット効果はあるでしょうが、使い続けるには経済的負担も大きいです。

生活習慣を改善し、食生活を見直すことでサプリメントは必要ありません。昔から「腹八分目医者要らず」と言っています。満腹になるまで食べることは消化器官にもよくありません。満腹中枢は食べ始めてから 約15分くらいで満腹感を意識します。しっかり噛んでゆっくり食べましょう。一口30回を目安に噛みますと食べ過ぎにならないで満腹感が味わえます。

運動不足も肥満の原因です。早足歩きで30分3ヶ月続けてみませんか。ダイエットに頼らなくても3ヵ月後には約3Kgは体重が減少する方もいらっしゃいますよ。。

耳つぼの働き
耳つぼにはストレスを抑え(神門のつぼ)食欲を抑えて胃(肺門のつぼ)の感覚を正常にし消化器系(食道・噴門・のつぼ)を正常にする働きがあります。食欲を抑制しホルモンバランス(内分泌のつぼ)を整えてより女性らしくする作用もあります。

壮健塾の耳つぼダイエットの良い点
サプリメントを使わないので費用が半額以下
少ない食事で満腹感をえられる
やせるスピードが速い
肩こりや腰痛・生理痛などの改善をしながら痩せられる。(骨盤矯正整体があるから)
ダイエット中でも空腹感が少ないのでストレスが少ない
ダイエット後もリバウンドが少ない(リバウンドの無いダイエットはありません、いかにご自身が食に対して強くなるかです)
便秘の改善で肌荒れが解消される

こんな方におすすめ
真剣に痩せたい方
太る前の身体に戻りたい方
今までダイエットに失敗して諦めている方
家系や体質のせいだと思っている方
肩こり、腰痛、生理痛など体調不良の方
食欲があって困っている方


耳つぼジュエリー 
両耳計10カ所 
¥1,500

shop info.店舗情報

このはな整体院

〒561-0832
大阪府豊中市庄内西町2-15-5
ヴィラ庄内3F
TEL.06-6398-9285

→アクセス